拡大

眠りの物語を巡る——翠色のフェアリーテール!

霜雪記 眠り姫の客人

  • 630円+税
  • 2022年8月19日発売

一枚、また一枚と頁をめくるたびに、絶望が雪のように降り積もっていく。

「西の果てには、術師の呪いによって二百年眠り続ける姫君がいる——」そんなおとぎ話と共に、術師が恐れられる世界。旅の商人ヤコウは、ひょんなことから謎多き術師・ソウシと精霊・緑禅(りょくぜん)の供として、道中の世話をすることになる。「僕は眠りの物語を集めて旅をしているのです。長い間、ずっと」ソウシは自分が、世界に残された記憶を読み解く「想術師」だと語って?

著者プロフィール

佐倉 ユミ

さくら ゆみ

群馬県出身、在住。『応挙の虎、古井戸の月』で2018年度ノベル大賞を受賞し、『うばたまの 墨色江戸画帖』と改題、同作でデビュー。好きなものは海外文学とスポーツ観戦、美術館めぐりなど。マスカラを塗らないと東京へ行けない小心者です。

関連書籍

201812月刊うばたまの 墨色江戸画帖

うばたまの墨色江戸画帖

才能に溺れた絵師が再起をかける、大江戸人情譚!

佐倉 ユミ

ツギネ江戸奇譚―藪のせがれと錠前屋―

ゆるり心を放つ「錠前屋でござい」

佐倉 ユミ

同じジャンルの本

佐倉 ユミ