拡大

一途に終也だけの機織さんであろうとする真緒の、出生の真実とは……!?

十番様の縁結び 2

神在花嫁綺譚

  • 630円+税
  • 2022年8月19日発売

椿の花が、冬の空から零れるように、ぽたり、ぽたり、落ちていた。

≪神迎(かみむかえ)≫のため帝都に向かう終也と共に、真緒は初めての遠出をすることになった。帝都行の鉄道の中、真緒はひどく懐かしいような不思議な夢を見て——!? 「お前の目は特別だから、きっと冬の天の川も見えるだろう」「ともに還ろう、——」隻眼の青年との出会いから明かされる真緒、出生の真実とは……! それでも旦那様の隣に……和風花嫁ファンタジー、待望の第二巻!

著者プロフィール

東堂 燦

とうどう さん

1月21日生まれ。新潟県出身、在住。『薔薇に雨』で、2013年度ノベル大賞佳作受賞。コバルト文庫に『薔薇に雨 孤高の王子に捧げる初恋』、『魔女の赤い太陽 樹海の娘と月狩りの騎士』『湖城の魔王と界界の少女 睡蓮の花嫁』、集英社オレンジ文庫に『ガーデン・オブ・フェアリーテイル 造園家と緑を枯らす少女』『サヨナラまでの30分 side:颯太』がある。

関連書籍

201808ガーデン・オブ・フェアリーテイル

ガーデン・オブ・フェアリーテイル造園家と緑を枯らす少女

美しき庭園に咲く、呪いと救済の幻想ミステリー

東堂 燦

十番様の縁結び神在花嫁綺譚

街一番の機織り上手を、領主<おり家>の花嫁とする——

東堂 燦

それは春に散りゆく恋だった

彼の葬式に参列したのは、十三回目になる。それは永遠に来ない、春のこと——

東堂 燦

海月館水葬夜話

切ない死者の記憶を、紐解く……!

東堂 燦

同じジャンルの本

東堂 燦