拡大

救国の神女か、稀代の惡女か。

威風堂々惡女 10

  • 620円+税
  • 2022年7月20日発売

夜になると、ひんやりとした空気が暗い石の城に満ちた。

京の策略により、雪媛は遊牧民族の長オチルのもとに連行された。雪媛に夜伽をさせようとするオチルだったが、復讐に燃える京は雪媛を瑞燕国との交渉材料にすべきと進言し交渉の場までの同行を申し出る。しかしその目的は、雪媛を奴隷商人に売り渡すことだった。一方、芳明を追って智鴻の屋敷を訪れた瑯は、芳明の息子・天祐と出会い、強引に連れ出すのだが……?

著者プロフィール

白洲 梓

しらす あずさ

宮城県出身、東京都在住。B型。『最後の王妃』で2015年ノベル大賞受賞。受賞作以外に『暁の王女』『煌翼の姫君』(ともにコバルト文庫)、『九十九館で真夜中のお茶会を』『威風堂々惡女』シリーズ(集英社オレンジ文庫)がある。

関連書籍

威風堂々惡女 4

誰も知らない“歴史”が始まる――。

白洲 梓

201810威風堂々惡女

威風堂々惡女

偉大な為政者か、それとも無慈悲な復讐者か――。

白洲 梓

威風堂々惡女 6

「私が絶対に、守る。お母様も、丹子も――皆を」

白洲 梓

201906月刊威風堂々惡女

威風堂々惡女 2

惡女の悲願を阻むのもまた、惡女。

白洲 梓

同じジャンルの本

白洲 梓