拡大

千景が見つけた自身の過去と未来を照らす「答え」とは——。第一部・完結!

異人館画廊

星灯る夜をきみに捧ぐ

  • 640円+税
  • 2022年6月17日発売

星が瞬きはじめた空の下、寒い外から帰ってくると、異人館画廊には、あたたかい光が灯っている。

英国時代の恩師から、博士論文を勧められた千景。それは再びの渡英を意味していて……。そんななか不可解な強盗事件に、呪われた絵画が関わっているらしいと相談を受けた透磨と千景は、やがてカラヴァッジョに魅せられた男と、父との軋轢に苦しみ続けた女の奇妙な接点に気付く。見る者の心揺さぶるアウトサイダー・アートの謎を追う!

著者プロフィール

谷 瑞恵

たに みずえ

三重県出身。『パラダイス ルネッサンス』で1997年度ロマン大賞佳作入選。コバルト文庫『伯爵と妖精』シリーズ、集英社文庫『思い出のとき修理します』シリーズ、最新単行本は『木もれ日を縫う』集英社刊。他、著書多数。

関連書籍

201812月刊拝啓彼方から

拝啓 彼方からあなたへ

青い約束から繋がる、手紙ミステリー!

谷 瑞恵

2019年12月_異人館画廊 透明な絵と堕天使の誘惑

異人館画廊透明な絵と堕天使の誘惑

隠された真実に、千景と透磨の手がとどく……!?

谷 瑞恵

異人館画廊1

異人館画廊盗まれた絵と謎を読む少女

絵画の謎を読み解く美術ミステリー!

谷 瑞恵

異人館画廊2

異人館画廊贋作師とまぼろしの絵

呪いの絵画をめぐる美術ミステリー

谷 瑞恵

同じジャンルの本

谷 瑞恵