拡大

街一番の機織り上手を、領主<おり家>の花嫁とする——

十番様の縁結び

神在花嫁綺譚

  • 630円+税
  • 2022年4月21日発売

暗闇のなか、一条の光を見たことがあった。

幽閉され、一途に機織をして生きてきた少女がある時、縁を結び縁を切る神=十番様を所有する神在の一族、十織家の当主・終也に見初められ、真緒の名をもらい、運命は動き出す。「迎えに来ました――僕と結婚してくださいますか?」虐げられ続けた日々から救い出された真緒は、十織家でも機織の才を生かし過ごすうちに、彼の背負ったある秘密を知ることとなり……?

著者プロフィール

東堂 燦

とうどう さん

1月21日生まれ。新潟県出身、在住。『薔薇に雨』で、2013年度ノベル大賞佳作受賞。コバルト文庫に『薔薇に雨 孤高の王子に捧げる初恋』、『魔女の赤い太陽 樹海の娘と月狩りの騎士』『湖上の魔王と界界の少女 睡蓮の花嫁』、集英社オレンジ文庫に『ガーデン・オブ・フェアリーテイル 造園家と緑を枯らす少女』『サヨナラまでの30分 side:颯太』がある。

関連書籍

海月館水葬夜話

切ない死者の記憶を、紐解く……!

東堂 燦

201912_サヨナラまでの30分 side:颯太

サヨナラまでの30分side:颯太

青春と音楽と恋のプレイリスト

東堂 燦

原作・30-minute cassettes and Satomi Oshima

それは春に散りゆく恋だった

彼の葬式に参列したのは、十三回目になる。それは永遠に来ない、春のこと——

東堂 燦

201808ガーデン・オブ・フェアリーテイル

ガーデン・オブ・フェアリーテイル造園家と緑を枯らす少女

美しき庭園に咲く、呪いと救済の幻想ミステリー

東堂 燦

同じジャンルの本

東堂 燦