拡大

怪異に隠された優しさを照らす風土幻想奇譚

月の汀に啼く鵺は

巷説山埜風土夜話の相続人

  • 590円+税
  • 2021年4月20日発売

僕は、祖父がどんな人間だったか知らない。

郷土史家だった祖父が死んだ。顔も知らない祖父に複雑な思いを抱いていた大学生の晶は、弟の雫と共に遺品を処分することに。だが、雫が見付けた遺稿「巷説山埜風土夜話」をなぞるような不思議な事件に次々と巻き込まれ……。水没した村から出土した骨、まれびとさんの足音、鵺の啼く汀。真偽不明の伝承に隠された過去、あえて真実を覆い隠した祖父の真意とは――?

著者プロフィール

長谷川 夕

はせがわ ゆう

『亡霊』で2015年度ノベル大賞、準大賞受賞。受賞作を改題、改稿した『僕は君を殺せない』でデビュー。

関連書籍

僕は君を殺せない

僕は君を殺せない

問題:だれが「僕」で、だれが「君」でしょう?

長谷川 夕

201808七不思議のつくりかた

七不思議のつくりかた

誰かの願いが、やがて七つの不思議になる――。

長谷川 夕

おにんぎょうさまがた

おにんぎょうさまがた

美しい“彼女”たちのノスタルジック・ホラー

長谷川 夕

201802どうか、天国に

どうか、天国に届きませんように

この願いは、誰も聞かなくていい。

長谷川 夕

同じジャンルの本

長谷川 夕