拡大

そんなのは絶対に――絶対に『玉瑛』が許さない!

威風堂々惡女 5

  • 590円+税
  • 2021年1月20日発売

立后式まで二日となり、雪媛の周囲は慌ただしく準備に追われていた。

皇帝の子を流産し、芙蓉は失意と絶望の中にいた。そんな中で執り行われた雪媛の立后式は、芙蓉の父親・護堅の乱入によって中断された。彼は雪媛が毒を盛り流産させたのだと碧成へと直訴したのだ。雪媛の侍女・芳明が不要の食事を用意する部屋へ入るのを見、さらにその場に珠麗の私物である巾着が落ちていたという珠麗の証言もあり……? 雪媛に最大の危機が訪れる!

著者プロフィール

白洲 梓

しらす あずさ

宮城県出身、東京都在住。B型。『最後の王妃』で2015年ノベル大賞受賞。受賞作以外に『暁の王女』『煌翼の姫君』(ともにコバルト文庫)、『九十九館で真夜中のお茶会を』(集英社オレンジ文庫)がある。

関連書籍

201803_九十九館で

九十九館で真夜中のお茶会を屋根裏の訪問者

「おやすみ、つぐみ。――また、夜に」

白洲 梓

201906月刊威風堂々惡女

威風堂々惡女 2

惡女の悲願を阻むのもまた、惡女。

白洲 梓

2020年1月_威風堂々悪女3

威風堂々惡女 3

国が、民が、雪媛に惑わされていく…!

白洲 梓

201810威風堂々惡女

威風堂々惡女

偉大な為政者か、それとも無慈悲な復讐者か――。

白洲 梓

同じジャンルの本

白洲 梓