拡大

「出来そこない」の少女は、弓を手に立ち上がる――!

リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音

―鳥が遺した勲章―

  • 610円+税
  • 2020年4月17日発売

カミラが教会の大扉をあけると、窓辺に立っているニナが振りむいた。
「あ、お疲れさまです。えと、裏の倉庫は終わりました。司祭さまのお部屋はあと水拭きだけで、鐘楼の掃除はまだです」

〈戦争〉にかわり〈戦闘競技会〉が、国々の命運を決するようになり三百年。「出来そこない」ながら弓の才能を見出され、リーリエ国騎士団員となった二ナは、年末休暇で束の間の平穏を味わっていた。が、国境を接するシュバイン国との間に問題が起き、因縁のガルム国で裁定競技会が行われる。それ自体はなんとか終わったものの、その後、ニナは何者かに攫われ…!?

著者プロフィール

瑚池 ことり

こいけ ことり

千葉県出身。12月31日生まれ。コバルト文庫『犬恋花伝――青銀の花犬は誓約を恋う――』にてデビュー。趣味は図書館。好きが高じて司書資格取得。

関連書籍

2019年12月リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音2

リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音-綺羅星の覚悟-

少女が弓を引く時 世界に新たな光が射す。

瑚池 ことり

201905月刊リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音

リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音

少女が弓を引く時 世界に新たな光が射す。

瑚池 ことり

同じジャンルの本

瑚池 ことり