拡大

切なくも、やさしい「再生」の物語

ひきこもりを家から出す方法

  • 630円+税
  • 2020年1月17日発売

僕がひきこもりになって十年が過ぎた。

僕がひきこもりになって十年が過ぎた。もう二十四歳になるらしい……。 影山俊治は、些細なつまずきが原因で自室から一歩も出られなくなり十年。 そんなある日「ひきこもりを家から出す」プロ集団から、敏腕メイドが派遣されてきて……!? 「ちょっと生きづらい」と感じる、すべての人へ―― 圧倒的当事者感で語られる切なくも優しい再生の物語! 2019年ノベル大賞 大賞受賞作。

著者プロフィール

猫田 佐文

ねこた さもん

兵庫県出身、在住。普段はひきこもって小説を書いているが、たまに訳の分からないやる気が出て自転車旅とかやり出す人。太宰先生に会うために青森の津軽まで走ったものの、あまりの寒さに泣きそうになり、秋田からフェリーで敗走した過去を持つ。

同じジャンルの本

猫田 佐文