拡大

シリーズ累計15万部突破! 烏妃がおそれる“梟”とは--?

後宮の烏(からす) 2

  • 620円+税
  • 2018年12月18日発売

後宮の奥深く、〈烏妃(うひ)〉と呼ばれる妃が住んでいる。
その妃は、妃でありながら夜伽をすることのない、とくべつな妃だった。

後宮で生きながら帝のお渡りがなく、また、けして帝にひざまずくことのない特別な妃・烏妃。当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。ある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらす、が--。烏妃をしばる烏漣娘娘とは何か? 烏漣娘娘がおそれる「梟」とは一体誰なのか?

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

新釈 グリム童話

新釈 グリム童話―めでたし、めでたし?―

おとぎ話の扉を開けるのは、あなたです。

谷 瑞恵白川 紺子響野 夏菜松田 志乃ぶ希多 美咲一原 みう

下鴨アンティーク3

下鴨アンティーク祖母の恋文

芙二子さんの最初で最後の恋文を僕にください。

白川 紺子

下鴨アンティーク1

下鴨アンティークアリスと紫式部

アンティーク着物・小物をめぐるミステリー

白川 紺子

201806契約結婚はじめました。3

契約結婚はじめました。3~椿屋敷の偽夫婦~

椿屋敷、まさかの三角関係、勃発か……?

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子