拡大

アンティーク・ミステリー、ついにクライマックス!

下鴨アンティーク

白鳥と紫式部

  • 570円+税
  • 2017年12月14日発売

床の間に、桃の花弁がすこしばかり落ちている。

蔵に眠る“いわくつき”の着物の管理を祖母から引き継いだ鹿乃。その着物も、とうとう最後の一枚に--。「桜の園」と名付けられた着物は、書き置きを残して失踪した野々宮家の女性のものらしい。彼女の足跡を追ううち、祖母が「叔母さんは、山で神隠しに遭うたんや」と言っていたと知る。神隠しの真相と、鹿乃と慧、そして良鷹、それぞれが未来に受け継ぐものとは――。

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

新釈 グリム童話

新釈 グリム童話―めでたし、めでたし?―

おとぎ話の扉を開けるのは、あなたです。

谷 瑞恵白川 紺子響野 夏菜松田 志乃ぶ希多 美咲一原 みう

201804後宮の烏

後宮の烏(からす)

誰もが知る“彼女”の、誰も知らない正体。

白川 紺子

201812月刊後宮の烏

後宮の烏(からす) 2

シリーズ累計15万部突破! 烏妃がおそれる“梟”とは--?

白川 紺子

201908月刊後宮の烏3

後宮の烏 3

真の“救い”は光であり、葛藤……歴史が再び動き出す――

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子