拡大

事件の鍵は”日誌”の中に--!?

探偵日誌は未来を記す

~西新宿 瀬良探偵事務所の秘密~

  • 590円+税
  • 2017年08月22日発売

赤々と燃えさかる炎が景色を絶望に染めていく。
――こんなつもりじゃなかった。 そう呟いてみても、神も悪魔も自分を許しはしないだろう。

従兄の戒成と探偵をしていた兄が遺した“探偵日誌”。大学生の皓紀は兄の代わりに西新宿にある探偵事務所の手伝いを始める。ある日、皓紀は事務所に舞い込んできた依頼が兄の遺した“探偵日誌”に書かれている内容と酷似していることに気づく。断片的に書かれた日誌を手掛かりに、舞い込む依頼を次々に解決していく皓紀。しかし、“探偵日誌”には隠された重大な秘密があり…?

著者プロフィール

希多 美咲

きた みさき

9月27日生まれ。岡山県出身・在住。 「月下浮世奇談」で2012年度ロマン大賞受賞。コバルト文庫に受賞作を改題・加筆改稿した「写楽あやかし草紙」シリーズ、「響け!〜できそこないの歌うたいと五線譜の絆〜」がある。

関連書籍

からたち童話専門店2

からたち童話専門店〜雪だるまと飛べないストーブ〜

きみはもう、ひとりぼっちじゃないんだ。

希多 美咲

新釈 グリム童話

新釈 グリム童話―めでたし、めでたし?―

おとぎ話の扉を開けるのは、あなたです。

谷 瑞恵白川 紺子響野 夏菜松田 志乃ぶ希多 美咲一原 みう

からたち童話専門店1

からたち童話専門店〜えんどう豆と子ノ刻すぎの珍客たち〜

答えは、おとぎばなしに隠れている。

希多 美咲

同じジャンルの本

希多 美咲