拡大

京都×アンティーク。恋が急展開の第5弾!

下鴨アンティーク

雪花の約束

  • 560円+税
  • 2016年12月16日発売

――思うに、運命の赤い糸というのは、切れてからが本番なのだ。

京都、下鴨――。ある日、野々宮家を、見知らぬ男性が訊ねてきた。知人の女性を探しているという。聞けば、その女性の祖母が、鹿乃の祖母に着物を預けていたそうだ。鹿乃が蔵から取り出したその着物には、斜めに横切るように鮮やかな赤い糸が描かれていた。ところが、まばたきする間に、その糸は切れてしまい……? 古い物に宿る想いをひもとく、温かな人情譚。

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』シリーズ、『後宮の烏』(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

201805下鴨アンティーク

下鴨アンティークアリスの宝箱

心の奥の箱――それは、ささやかな秘密を集めた宝箱。

白川 紺子

201806契約結婚はじめました。3

契約結婚はじめました。3~椿屋敷の偽夫婦~

椿屋敷、まさかの三角関係、勃発か……?

白川 紺子

下鴨アンティーク2

下鴨アンティーク回転木馬とレモンパイ

初夏の京都を、着物でお散歩しましょ。

白川 紺子

201804後宮の烏

後宮の烏(からす)

誰もが知る“彼女”の、誰も知らない正体。

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子