拡大

本日、裏メニューもありますよ!

ゆきうさぎのお品書き

8月花火と氷いちご

  • 550円+税
  • 2016年7月20日発売

七月一日、朝八時。カーテンを開けたとたん、東向きの窓からまぶしい朝日が差しこんできた。

若店主、大樹が営む小料理屋「ゆきうさぎ」でバイト中の大学生の碧。最近、大樹は豚の角煮を研究しているが、亡き祖母がなぜかレシピを教えてくれなかった品らしく…。今宵も、おいしいご飯とあったかい仲間がお待ちしています。

著者プロフィール

小湊 悠貴

こみなと ゆうき

神奈川県出身、在住。2013年ロマン大賞受賞。コバルト文庫に『十三番目の女神は還らない』『七番目の姫神は語らない』、集英社オレンジ文庫に『ゆきうさぎのお品書き』シリーズ、『ホテルクラシカル猫番館』シリーズがある。

関連書籍

2019年12月ホテルクラシカル猫番館2

ホテルクラシカル猫番館横浜山手のパン職人 2

噛みしめるのはパンのおいしさだけじゃない。

小湊 悠貴

201811ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き母と娘のちらし寿司

人生は悲喜こもごも。まずはご飯を召し上がれ。

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書きあらたな季節の店開き

『俺は碧と家族になりたい』

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き201712

ゆきうさぎのお品書き祝い膳には天ぷらを

「美味しい」と笑う、あなたのその笑顔が見たいから。

小湊 悠貴

同じジャンルの本

小湊 悠貴