拡大

守るも祟るも、"神"しだい――

神隠しの森

とある男子高校生、夏の記憶

  • 550円+税
  • 2016年6月23日発売

荒霊村には祟り神が棲んでいた。血のように赤い着物で新雪の肌を包み、闇夜に染まる髪を風で乱す、女の姿をした神だった。

荒霊村に棲む祟り神・赤姫。祭事のとき、外に出た子供は彼女に"引かれ"る――。村の高校生・モトキは、転入生の法介、村外へ進学した幼なじみ・将親、薫、建太とともに夏休みを過ごしていた。だが、大祭の夜、法介の妹が"引かれ"…!?

著者プロフィール

梨沙

りさ

1月13日生まれ。2004年にWebサイト「小部屋の小窓」を開設。同サイトで連載していた『華鬼』が書籍化されデビュー。コバルト文庫に『レドラナール恋物語蜜色の花園』『世界螺旋―佐能探偵事務所の業務日記―』、オレンジ文庫に『鍵屋甘味処改』シリーズ、『神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶』、『木津音紅葉はあきらめない』がある。

関連書籍

201804つつじ和菓子本舗のつれづれ

鍵屋の隣の和菓子屋さんつつじ和菓子本舗のつれづれ

いつかは、好きになるかもしれない。

梨沙

鍵屋甘味処改3

鍵屋甘味処改3子猫の恋わずらい

"鍵"を開ける"カギ"は、誰かを想う気持ち。

梨沙

木津音紅葉(きづねくれは)はあきらめない

木津音紅葉(きづねくれは)はあきらめない

私の報復につきあいなさい。

梨沙

鍵屋甘味処改1

鍵屋甘味処改天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常

鍵にまつわる日常ミステリー

梨沙

同じジャンルの本

梨沙