オレンジ文庫

毎月20日ごろ発売

店主オレンジのつぶやき MenuClose

書籍検索

学年末テストが何とか終了して、ほっとしながら帰り支度をしていたら、咲楽さん、と呼びかけられた。

みる

栄田直哉の一番最初の記憶は、二歳半の冬。目の前でちろちろと輝く赤い光だった。

みる

ここは、湘南。江ノ電の中でも特に小さな無人駅『幸福ケ森駅』から、歩くこと約十分。なだらかな坂を登ったところに、そのカフェはあった。

みる

チャチャ、チャララー、チャララララララー、チャララチャララチャラララララー。ストーブの上のやかんからシュンシュンと沸く音とユニゾンで、アップテンポのテーマ曲がテレビから流れてくる。

みる

あれからずっと、リチャードの言葉が、体の中を駆け巡っている。血管を流れる血の中に、あいつの声が混じりこんでしまったように。

みる

ほんの数分前まで、今日で人生終わりだなんて思ってなかった。

みる

机の上に置いていたスマホのアラームがバイブ音と共に鳴り響く。

みる

生まれて初めてやってきた東京は、故郷と地続きとは思えないほど、別世界だった。

みる

たった一つの鍵を手に そして 未来の扉が開く

みる

三月六日、十七時。すべての荷ほどきを終えて、雪村大樹はゆっくりと立ち上がった。片づけたばかりの室内を見回す。

みる

私は爆弾を抱えている。

みる

近藤渚は夜更けに町をさ迷っていた。

みる

――思うに、運命の赤い糸というのは、切れてからが本番なのだ。

みる

そう、世の中にはおかしなこともあるものですわね。

みる

大通りから一本、脇道に入ると、大都会・東京でも途端に人通りは少なくなった。

みる

物心ついた頃から、わたしはブスだった。

みる

この丘からは、視界いっぱいに海が見わたせる。

みる

貝ノ目遠流は大通りを渡るため自転車を押してスロープを上った。

みる

ヤバイところへ、きてしまった。

みる

私は鶏モモ肉に複雑な感情を抱いている。

みる

早いもので、俺が宝石店でバイトを始めてから半年近くが経過しようとしている。

みる

青い顔で階段を駆け上がってきた雪弥さんの姿を、今もはっきりと覚えている。

みる

東京の片隅にある、コスモス町。その一角にある瀟洒な洋館、卯ノ花邸のキッチンからは、今日もおいしそうな匂いが漂っている。

みる

「いかがですか?」美容師さんに明るく問われたとき、もし酷い仕上がりだったら素直にそう言える人っているんだろうか?

みる